スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレンドフィルターとトレーリングストップが上手く機能しました!

前回の記事で「自作EAのパフォーマンスが少々不安定」とお伝えしましたが
豪ドル円の上昇で「ShinkuuHadouken」のパフォーマンスが戻ってきました。

ShinkuuHadouken


直近でどんなトレードを行ったのか具体的にみていきましょう。
下記は、私が「OANDA JAPAN」で運用しているリアル口座のチャートです。

ShinkuuHadouken
AUDJPY-a01,H4:豪ドル円4時間足


相場が下降トレンド(94.445→90.095)では、買い下がりせず上昇に転じた際に追撃買いをしています。
また、直近の急上昇時には、上昇トレンドに追随し、170pips(通常利確の3倍以上)もゲットしています。

これは、トレンドフィルターとトレーリングストップが非常に上手く機能した良い例です。


ただし、いつも上手く機能するとは限りません。。。
短期の乱高下でエントリーがスキップされ取りこぼしたり、利益確定幅が通常より狭くなる場合もあります。


相場状況に関係なくアグレッシブに運用したい方は、トレンドフィルターとトレーリングストップなしで
さらに注文間隔を狭めて運用するとよいかと思います。

下記期間は、アグレッシブ運用のパフォーマンスです。(バージョン1.0~2.0)
トレンドフィルターとトレーリングストップなしで、注文間隔は、現在の半分(25pips)の設定です。

ShinkuuHadouken


暴落時のリスクはありますが、相場が戻ってきた場合は、スワップも含めリターンがあります。
個人的には、暴落時のリスクを負いたくないので、トレンドフィルターありで運用しています。

MT4 EA開発・運用ブログ:関連記事ピックアップ

EAつくーる
自動売買システム作成ソフト「EAつくーる
MT4 EA開発ブログの人気記事「RSI」「ボリンジャーバンド
を使用したEAが、数値入力とクリックで簡単に作成できます。
mq4プログラムが出力されるため、MQL4言語を効率よく
習得したいEA開発初心者にもオススメのEA開発ツールです。
お試しで利用したい方は「EAつくーる【1ヶ月版】」をどうぞ。

MT4 EA開発・運用ブログ:関連記事ピックアップ

EAつくーる
自動売買システム作成ソフト「EAつくーる
MT4 EA開発ブログの人気記事「RSI」「ボリンジャーバンド
を使用したEAが、数値入力とクリックで簡単に作成できます。
mq4プログラムが出力されるため、MQL4言語を効率よく
習得したいEA開発初心者にもオススメのEA開発ツールです。
お試しで利用したい方は「EAつくーる【1ヶ月版】」をどうぞ。

MT4 EA開発・運用ブログ:カテゴリー

MT4 EA開発・運用ブログ:人気記事ランキング(直近1ヶ月)

MT4 EA開発・運用ブログ:最新記事一覧

もっと見る...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。